台写真

北斗の拳シリーズ最新作。
「剛掌(ラオウ)」を踏襲・進化させたMAXバトルタイプ。
確変継続率80%、かつ電サポ中の当選は50%で16R約2400発となるので、一撃性能は極めて高い。
新発想「ゼロアタッカー」搭載。大当り中は2つのアタッカーが交互開放し、常にどちらかのアタッカーが開放している状態となるめ、ラウンド間「0」でずっと玉を拾い続ける。16R大当り時は、2000発をゆうに超える約2400発の獲得を実現。
通常時の突時はなくなり、当たれば最低でも4R分(約600個)の出玉が獲得できる。
連チャンを左右する確変バトルモードは進化。自キャラはケンシロウ、ラオウのほかにトキが選択可能に。敵キャラもレイなどが加わり、さらに殺陣演出など新演出も大量追加。もちろんバトル勝利で連チャン確定。
通常時はケンシロウvsラオウ最後の闘いをリーチにした練気闘座リーチなど、リーチ演出も一変。大きくなった液晶画面とパチンコとは思えない美麗映像により、今までにない迫力が体感できる。
シェイクビジョンとともに動くケンシロウフィギュア、可動して北斗七星を形成する役モノなど、役モノギミックも多彩。

(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983,版権許諾証YKA-105 (C)Sammy