パチンコ攻略マガジン・パチスロ攻略マガジン公式サイト

パチンコにも天井が!? 遊タイムとは?
「ついにパチンコにも天井が?」と、話題になっているパチンコの新機能「遊タイム(ゆうたいむ)」について解説します。
遊タイム

「ハマリ台狙い」で勝てる時代に!?
「遊タイム」とは、「ある回転数に達すると(ハマると)時短に突入する」というハマリの救済措置、すなわちパチスロの天井のようなゲーム性が、パチンコの「技術上の規格解釈基準」および「日工組内規」の改定により実現可能となりました。これにより、今まではオカルトでしかなかった、パチンコの「ハマリ台狙い」が、正攻法として認められる日がやって来たのです。遊タイム搭載機種はこれからも続々登場予定!!

遊タイム搭載機種

遊タイムでできること
遊タイム

遊タイムの性能は、初当り確率により決定。以下のルール内で台を作ることができます。

遊タイム発動は、初当り確率分母の2.5〜3.0倍の回転数
初当り確率1/200台なら、500〜600回転の間に発動する「遊タイム」をつけることが可能。

遊タイムでの時短回数は初当り確率分母の3.8倍まで
初当り確率1/200台なら、760回転までの時短がつけられるということ。760回転をオーバーしてしまった場合は、時短は終了してしまうため、遊タイム=次回の大当りが保障される訳ではない点に注意が必要です。さらに、遊タイムは大当り間に1回しか作動させられないので、遊タイム中に大当りを引けなかった場合は、再度大ハマリを食らっても、もう遊タイムには突入しません。

表にまとめると以下のようになります。

初当り確率 遊タイム作動回転数
(時短突入回転数)
遊タイム作動回数
(時短回数)
1/100 250〜300回転 最大380回転
1/200 500〜600回転 最大760回転
1/300 750〜900回転 最大1140回転
設定@1/120
〜設定E1/100
300回転 最大380回転
設定@1/150
〜設定E1/100
作動不可
(設置@の下限と設定Eの上限に収まる回転数がないため)
-
※設定付きの場合、作動回転数は「すべての設定における大当り確率分母の2.5〜3.0倍、作動回数(時短回数)は「最も高い確率の分母の3.8倍まで」